お詫びと訂正

記述内容などには細心の注意を払っておりますが、以下誤りが生じた点を訂正し、お詫び申し上げます。
また、誤りをご指摘いただいた方々に、この場をお借りして御礼申し上げます。もしほかにも誤りがございましたら、こちらまでご連絡いただけると幸いです。

『東京道路奇景』(草思社)

  • p235 左から5行目
    • 出典の誤記: 「概要」→「発足」
  • P238 右から3行目
    • 同じ文言の繰り返し:「ところが」→削除
  • P331 右から4行目
    • 誤記:「人体で」→「人体で言えば、」
  • P336-P337 資料番号のズレ
    • [3-10] 首都高速道路公団編『首都高速道路公団事業のあらまし』,1961
    • [3-11] 『東京の都市高速道路について』東京都PRパンフレット,1959
    • 以降、資料番号が1つずつズレる

『図解・首都高速の科学』(ブルーバックス 講談社)

  • p22 「日本道路元標」→「日本道路元標」
    • 標識では「日本橋道路元標」と記されていますが、正式名称は「日本国道路元標」です。
  • P152 図5-13 板橋JCTの連結路の構造に誤りがありました。

  • P189 小見出し
    • 『日本唯一の「右側通行」道路?』→『日本で珍しい「右側通行」道路?』
    • 誤解を招く表現でした。日本国内の右側通行の道路は、首都高速の品川線以外にも、池袋線の志村PAや、北陸自動車道の敦賀〜今庄間の位置の一部など、複数存在します。

『鉄道を科学する』(サイエンス・アイ新書 SBクリエイティブ)

  • P59 保線用車両の愛称「青大将」→「青太郎
  • P78 本文上から10行目「1958年にはすべて寝台車で構成した寝台特急「あさかぜ」が登場しました」→「1968年からは、寝台特急「あさかぜ」がすべて寝台車で運転されました」(1958年時点では、すべて寝台車[20系]ではなかったというご指摘をいただきました)
  • P85 下の写真説明 「キハ201系」→「キハ261系」
  • P103 上の写真説明 「16編成」→「16編成」,「1,323名」→「1,634名」

『くらべる鉄道』(東京書籍)

  • カバーの帯
    • 流通した初期出荷分(初版の一部)の帯に誤りがあります。
    • 裏表紙側で示した車両の屋根高さの基準は、レールの下側(底面)ではなく、上側(頭部の上面)です。

  • P60 首都圏の鉄道主要ルート
    • 水上と長野原草津口に向うルートは、大宮を経由します。
    • 東武日光と鬼怒川温泉に向うルートは、大宮を経由しないルート(東武線)が存在します。
  • P68 アセラ・エクスプレスのビュフェメニュー
    • 「照焼チキン丼」は、現在提供されていません(2011.11.12米国現地で確認)。この記事は、制作時点(2011年8月)でのメニューを参考としましたが、期間限定の企画メニューだったようです。

『電車のしくみ』(ちくま新書・筑摩書房)

  • P185 図5-15
    • リニアモーターの磁極が逆になっていました。
  • P191 図6-2の説明
    • モーター1個あたりにかかる電圧が1〜1/2〜1/4になるのは、4個のモーターを接続した部分全体にかかる電圧を1とした場合です。主抵抗器は含みません。
  • P196 図6-4右上の文字
    • 【誤】「流(プラス)」→【正】「流(プラス)
      • 川の水が上流から下流に流れるように、電気もプラスからマイナスに流れるという例えですが、文字に誤りがありました。

『図解・地下鉄の科学』(講談社ブルーバックス)

  • p58 本文上から8行目
    • 【誤】「ブルーライン」→【正】「グリーンライン」
    • 米・ボストンの地下鉄でLRVが走っているのは「グリーンライン」です。
  • p146 図4-6下「上から見た永田町駅近辺の立体図」
    • 半蔵門線と南北線の上下関係が逆になっています。
  • 正しくは、図4-6上の立体図のように下が半蔵門線南北線となります。


■銀座線
■丸ノ内線
有楽町線 ■半蔵門線
■南北線
■首都高

『「超」図説講義 鉄道のひみつ』(学研新書 学研パブリッシング)

  • p56 上の図のキャプション
    • 車輪がカーブ外側に移動するのは、左右のレールの長さの差によって車軸の向きが変わるからです。遠心力だけで語るのは誤りです。
  • p65 左から3行目
    • I.K.ブルネルが実用化試験をした年 ×「1897年」→○「1847年」
  • p99 上の図 
    • 上が「動力集中方式」、下が「動力分散方式」です。
    • 手描き文字画像の配置ミスです。
  • p104 上の図
    • 新幹線電車が登場したのは、昭和39年(1964)です。
    • 西暦表記に誤りがありました。
  • p207 図と本文
    • 紹介内容が不正確でした。
    • 現在の自動改札機は、「背の高さ」ではなく「人の動き」を検知しています。
    • 現在の検知方法の詳細は、自動改札機メーカーの公式サイトで公開されていません。

『超図説・鉄道車両を知りつくす』(学習研究社)

  • p24 客車の重量を示す記号
    • 正しくは「」:37.5t以上42.5t未満 「」:42.5t以上47.5t未満です。
    • 「ス」と「マ」が逆になっていました。
  • p56 JRの電化区間分布図 北陸本線の交直セクションの位置
    • 【誤】青海糸魚川 →【正】糸魚川梶屋敷
  • p132 「ノーズ可動クロッシング」の図に誤りがありました。