海外の鉄道業界情報を無料でかんたんに入手する3つの方法

こんにちは。交通技術ライターの川辺謙一です。

私は、鉄道の記事を書くとき、国内はもちろん、海外からも情報を集めています。このため、「どうやって海外の鉄道の情報を入手しているの?」と聞かれることがあります。

そこで今回は、世界の鉄道業界の状況を把握したい方のために、「海外の鉄道業界情報を無料でかんたんに入手する方法」として、以下の3つご紹介します。みなさまの情報収集のヒントになれば幸いです。

目次

(1)Twitterで2つのアカウントをフォローする

インターネットを使って海外の鉄道業界の動向を把握するには、英語などの外国語の文書を読み取る力が必要となります。
とはいえ「外国語が苦手」と言う方もいるでしょう。

そのような方は、次の方法を試してみてはいかがでしょうか。

やり方はとてもかんたんです。
Twitterで以下の2つのアカウントをフォローして、毎日チェックする。それだけです。

@railwaygazette Railway Gazette International
(レイルウェイ・ガゼット・インターナショナル)
@IRJ International Railway Journal
(インターナショナル・レイルウェイ・ジャーナル)

「えー、それ英語のアカウントじゃないか」とおっしゃる方もいるでしょう。
大丈夫です。ご安心ください。
Twitter公式アプリの翻訳機能を使って日本語に変換すれば、英語が苦手な方でもざっくりとした内容を把握することができます。

下の画像のように「ツイートを翻訳」をクリックすれば、日本語が表示されます。

Twitterの翻訳機能を使うと内容がわかる

ただし、翻訳には誤差があるので、きちんとした日本語にはならないことがあります。
それでも、おおまかな意味はわかりますよね。
どこの国や地域で、何がどのようになったのか。
これだけわかれば、OKです。
なぜならば、それは日本語のウェブサイトでは入手が難しい情報だからです。

(2)2つの鉄道業界誌を読む

次に紹介するのは、英語の文書が読める方におすすめしたい方法です。

先ほど紹介した2つのアカウントは、世界における代表的な鉄道業界誌のものです。

Railway Gazette International イギリスの鉄道業界誌
International Railway Journal アメリカの鉄道業界誌

国際的な鉄道業界誌は他にもありますが、まずはこれら2つをおさえておけば、世界の鉄道業界の状況がざっくりとわかります。

英語に自信がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください。

Railway Gazette International
International Railway Journal

これらを見ると、世界の鉄道市場のトレンドをかんたんにつかむことができます。

(3)Twitterで1つのリストをフォローする

鉄道業界にくわしい方の中には、「この2つの鉄道業界誌のことはもちろん知っているよ」と言う方もおられるでしょう。
そのような方は、ぜひこの2つ以外の鉄道業界誌や、国際鉄道連合(UIC)、海外の鉄道事業者や鉄道関連メーカーなどが発信している情報をチェックしてみてください。

この方法は、かなり面倒です。世界には鉄道業界誌や鉄道事業者、鉄道関連メーカーが多数存在しており、そのすべてが発信する情報を把握するには時間と手間がかかるからです。

ただし、Twitterで以下のリストをフォローしていただくと、複数の国の鉄道に関する情報を一度に入手することができます。

リスト:overseasrail
https://twitter.com/i/lists/35529741

リストのタイムライン

これは、私( @kawaberry )が作成したリストです。フォローすると、海外の159の企業・団体などが発信している情報がTwitterのタイムラインに流れます。内訳は、以下の通りです。

鉄道事業者ロンドン・パリ・ベルリン・ニューヨークなどの交通局、ドイツ鉄道、フランス国鉄、アムトラック(米)、ネットワークレール(英)、ロシア鉄道など
鉄道関連メーカーアルストム、ボンバルディア、シーメンス、日立、中国中車(CRRC)など
メディアレイルウェイ・ガゼット・インターナショナル、インターナショナル・レイルウェイ・ジャーナルなど
展示会イノトランス(国際鉄道技術見本市)など
博物館国立鉄道博物館(英)、ドイツ鉄道博物館など
リストに登録した企業・団体

もちろん、このリストは、鉄道を保有するすべての国を網羅できていません。ただ、これだけを見れば、世界全体の鉄道で今何が起きているかをだいたい把握できるのではないかと私は考えています。大半のアカウントは、英語で情報を発信していますので。

なお、このリストでは、私の日々のツイートも表示されてしまいます。これを避けたい方は、リストがフォローしているアカウントから必要なものをピックアップして、ご自身のリストを作成してください。


以上、「海外の鉄道業界情報を無料でかんたんに入手する方法」を3つご紹介しました。
みなさまの情報収集のお役に立てれば幸いです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる